--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.23 Sun 18:22
のようなわたしは、あれです、いっそのこと、ハゲ、ハゲになってしまえばいいかもしれません。
冷房のない半分外のような会社で、ただ働きを1週間してました。ひたすら商品を検品、数を数え、商品をできるかぎり欠陥のないように仕上げてました。まじめにやってました。それでわたしは、やはりハゲ、わたしがハゲであったなら、あったなら、線香花火の炭になって地面に落ちたてほやほやの細長く黒いそいつを動物的な衝動で無意識のうちにひろいあげて水の入ったバケツに捨てようとするなどというデンジャラスきわまりない行為をしはしなかったんだと思います。
こういっちゃなんですが、わたしにはまだまだ髪の毛があります。けれどそのかわりに持ち合わせていないものがそれこそ髪の毛の数ほどある気がしてるんです。





-----

そんなわたしのうちたてた新しい目標をここに掲げたいと思います。
○将来、絵や古着・小物などをあつかうお店を開く。
○絵画作品を髪の毛の数以上に作る。
○資金をためる。
○恋などしない。絶対にしない。

よーし、インスタントぬまででてきたあれをああして、テンション上げて、
がんばろう。



ちなみに会社はFMつけっぱなしでして、ある昼下がりにベルセバがかかったんですよ。それですばらしいなと思ったんです。仕事しながら好きな曲を聴けるなんて。ある朝には、朝っぱらからエゴラッピンのサイコア●ルシスが流れまして、これまたうれしくなりました。笑い出しそうになってしまいました。さっきから、しまいました、をしましました、と二度も続けて打ち出すこの指さえ笑って許してあげますよ。
スポンサーサイト

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Copyright © 中川置傘(遭難と紙一重) All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。