--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.06 Mon 23:18
電車の車窓から外を眺めてて、しだれ桜が見えたと思った直後、前を向いたらひとつ前の席のおっさんの頭もしだれバーコードだった。

何ヶ所か取材したい(スケッチ、撮影したい)場所があります。現実的な近場では、同じにし広島で松の多い町、そして巨大な松のあるお寺。
昔建っていた祖父母の家の裏の川、狭い川沿いの道、その先の竹林。子供の頃、その竹林の向こうには行けなかった。なんとなく怖くて、あっちに行ってしまうと帰ってこれなくなる気がしてた。その風景を今見たい。きっと感激するだろう。今もそこに竹林があってほしい。

あと波止場。海岸。

自分が描きたい作品の本質は他人の既存の作品には見えたことがない。あらゆる絵は自画像なんだっていう考え方は嫌いじゃない。
だから自分自身が描くしかないのだともいえる。

それはそうと風呂上がりって、頭がすっきりして、仕事を始めるのには最もてきしてるのではなかろうか。オフィスにもバスルームの設置を義務付けたらいいと思います。
スポンサーサイト

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Copyright © 中川置傘(遭難と紙一重) All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。