--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.24 Wed 18:42
楽観的な山ごもりでございます。じゅうぶんな制作スペースがほしい一心と自然に囲まれた環境に期待して勢いで申し込みました。
ネットはブロードバンドがだめだったりテレビは見ないけど地上波がつながらなかったり商店が一軒しかないなどという感じで、遊びにいくのではないということをわからせてくれる環境になっとります。
はやく制作を主とした暮らしっぷりを堪能したくてたまりません。
若干、浦島太郎的な面がでてくるかもしれませんがそれも楽しそうです。

行ったらまず、板でパネルを大量に作っちゃいます。絵の支持体づくり。余裕があれば画像などものせていこうかと思います。

スポンサーサイト
2010.03.24 Wed 17:21
よき出会いがたくさんありました初個展もぶじ終わりまして、4月から吉和というところでログハウスに住みながら絵を描きます。
自然に刺激をうけて、心が豊かになればすばらしい。
吉和は典型的な山里といったところで、街から車で1時間半くらい。冬は豪雪。夏は避暑地。

バイト先もなさそうなところだし、公募展の応募や次回の個展に向けて制作に明けくれる予定です。レベルアップするために、修行の日々が予想されます。
夏が終わるくらいまではたぶん貯金で暮らせそうなので、日当のバイトなどでしのいでいこうと思います。
冬になれば、スキー場でバイトがあるかもしれないと聞いてる。

ブログの更新は・・・やまごもり日記でもつけようか。おちついたらできそうね

楽しく生きたいなって思えるようになったのは、まわりの人たちや個展に来てくれたあなたのおかげなんだと思う。そして楽しく生きるために僕にとっては、絵が必要だった。
自分が見たもの、聞いたもの、感じたもの。吸収したものを体外にかたちにするということが、すばらしいということ。創造することは、なにかをよいほうへ変える力があるかもしれない。それを見てもらうことによっても。

うまくいかないこともたくさんあるけど、すばらしいこともたくさん知ってることを忘れがちだ。
悲しいときは悲しい。前は悲しくないときがないと思ってた。
作品をもって自分が生きていることを肯定することができたらいいな。


Copyright © 中川置傘(遭難と紙一重) All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。