--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.04 Sat 18:22
おっかない田舎の丘の上の家のなか
田舎者の家内がおしろいはたいてる

僕の顔がおっかないものだから
家内はそのぶんまぶしい存在だ

どこかから笛の音が鳴り響いてるね
耳のなかに水が入った時のようだね

おそらくは山の向こうの立派なお城で
豪華絢爛のおまつりが催されてるのよ

さっきから花火の音もして胸をうつんだ
正体がはっきりしなくておっかないんだ

スポンサーサイト
2009.06.19 Fri 19:45
脱水症状になりながら同じところにつながれて、ぐったりしている犬だ。

幻覚と現実の区別がつかなくなって、生きた心地がしない犬だ。

体内を流れる時間が止まって、みんなに置いていかれた犬だ。

2009.04.13 Mon 22:15
トリコロールのちょうちんが並び並んだ軒先まで油のにおいがしています
闇夜にぼんやりちょうちんのあかりが捨て身で照らすのです
店内、おやじの天秤みたいな肩が寄せてる壁の影
大きなTVの音声がおやじの笑みを誘ってた

2009.04.12 Sun 09:33
特になしという言葉に一目おかないわけにはいかない。

その辺に落ちてる糸くずのような、わが身のむなしい存在感を手っ取り早く表すと、特になしとなる。

私は特になし。

2009.02.22 Sun 17:06
えりのうらにレモンのしる
      イチゴ味の鼻血

死んだシロクマの滑り台
        頭痛の才能

こんこんせきをする背中
         山肌はこんぺいとうの手下

あお天井にめりこむ風船
         軽々のみこむ唐傘お化け

暗い草原の黒い地面
     おしよせる黒いバッタの波

死なないように殺して
       全部きれいにならべる


Copyright © 中川置傘(遭難と紙一重) All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。